【毒親】子どもを苦しめる母親1│子どもに甘えるベッタリ母

こんにちは。

心理カウンセラーのPocheです。

 

今日の記事は、親子関係に悩む『子ども』のあなたに向けて書いていきます。

毒親カウンセリングで相談が多い母親のタイプを7つに分類し、それぞれの対応についてお伝えしていきます。

 

  1. べったり甘える母
  2. 無関心の母
  3. 完璧で重い母
  4. 過干渉の母
  5. かわいそうな母
  6. 残酷な母
  7. 言うことが矛盾だらけの母

 

今回は1つめ。

『子どもにべったり甘える母』との付き合い方です。

 

なお複数のタイプが混在していたり、成長過程でタイプが変化することもあります。

過去の親子関係が現在の思考パターンを形成している可能性が高いので、『成長過程でタイプが変化した場合』は、過去のタイプも併せてお読みいただくことをお勧めします。

 

※内容を分かりやすくお伝えするために「毒親」という表現を用いることがあります。
毒親というのは、子どもにとっていわゆる「毒」となる性質を持つ親のことです
。親によって植え付けられた価値観や行動、子どもの頃の暴言や暴力が、大人になっても影響を与えてしまう場合に「あなたにとっては毒親だった」という定義の元、話を進めていきます。

 

Sponsored Links

ベッタリな母とは

 

ベッタリ母とは、大人になれない母親のことです。

自分の子どもを「親」や「姉」「兄」のように慕い、頼りきることで依存します。

精神面・肉体面ともに、子どもに支えてもらおうとする親です。

 

 

例│ベッタリ母の具体例

「ベッタリ母親」の例を1つ、ご紹介します。

なおこの内容は、実際の相談内容に基づくものではありません。

 

相談者は、一人娘のA子さん。31歳です。

子どもの頃から姉妹のように仲が良く、周りからも「仲良し親子」で有名でした。

小学生の頃は、学校で嫌なことがあると「お母さんが先生に話してあげる!」と解決してくれました。
「あの子は意地悪だからやめておきな」「○○ちゃんと遊んだら?」といったように、A子さんの友達関係に口を出すのも当たり前でした。

だけどA子さんは、母親のことが大好き。
「かまいすぎだなぁ」と思う事はあっても、「お母さんが敷いたレールの上を歩いていけば大丈夫」と信じて大人になりました。

 

母親との関係がギクシャクしだしたのは、A子さんの結婚が決まった時。

「お母さんを一人ぼっちにしていいのかなぁ」という不安から、A子さんは母親の近くに住むことを決めました。

 

しかし毎日のように電話をかけ、家に来る母親に少しずつ嫌気がさしてきました。A子さんにも、新しい家族があるのです。

しかも母親が家に来て話すのは近所の人や親戚の人の愚痴など、どうでもいい話ばかり。
Aさんの結婚相手のことを悪く言うことも日常茶飯事です。

聞いているA子さん自身もだんだんと辛くなり、次第に「母親と話したくない」とさえ思うようになっていきました。

 

ある時、A子さんはお友達と出かけていて、母親の電話を取ることが出来ませんでした。
1時間後に電話の着信履歴を見ると、なんと数分おきに母親からの着信が…。

何かあったのかと心配して電話を掛け直すと、母親は「なんで電話に出ないの!?」と怒鳴り散らします。友達と会っていたことを話すと、「もうお母さんのことはどうでもいいのね…私の育て方が悪かったんだわ」と泣き出す始末。

電話ではどうにもならず、A子さんは母親に会いに行き、電話に出られなかったことを心から詫びました。

それからというもの電話は肌身離さず持ち、母親からの電話があれば1回で出るように心掛けました。

 

「今日は何を言われるのだろう」「また家に来るのかな…」という不安感が押し寄せ、次第に電話のコールが鳴るたびビクッ!と反応するようになってしまいました。

電話が鳴っていない時でさえ、プルルルルル…というコール音が聞こえるような気もします。

それくらいA子さんは、精神的に限界を感じていました。

 

子どもの頃は、親と仲良し。

大人になって結婚しても、行き来するような仲。何かあれば家に行き、電話もしょっちゅうする。

このように一見「理想の親子」のような関係でも、子ども側が悩んでいるケースは多いのです。

 

A子さんの要求は、以下の3つです。

  • 毎日家に来るのをやめてほしい
  • 愚痴の聞き役になるのがつらい
  • しょっちゅう電話をかけてくるのをやめてほしい

 

親に直接言えばいいのに。

と思いますか?

 

それをさせないのが、このタイプの毒親です。

そして「親に意見を言うのが怖い。悲しませちゃダメだ。怒られたくない!」と感じてしまうのが、このタイプの毒親育ちの特長です。

 

親にこの要求を言えないのには、理由があります。

罪悪感です。

 

A子さんの場合は、母親から「意地悪」を受けて育ったわけではありません。

むしろその逆で愛情を注がれ、優しくされ、あれこれ世話を焼いてもらっています。

だから「大切に育ててくれたお母さんを突き放すなんて、私はひどい娘だ!」と罪悪感を感じやすいのです。

Sponsored Links

ベッタリ母が『あなた』に及ぼす影響

Poche

 

育ててくれたことによる罪悪感から、母親に思ったことを言えない…。

その理由は、幼少期の親とのかかわりあいにあります。

 

Aさんの場合は、小さなころから「親がAさんの行動を決めて」いました。

「あの子とは遊ばない方がいい」「お母さんが先生に話しておくから」と、A子さんが自分で行動しなくてすむように働きかけていました。

 

もしかすると母親は、「子どもによりよい人生を歩んでほしい」「失敗させたくない」という良い動機から、そうしていたのかもしれません。

ですがこの親の関わり合いが、大人になってからのAさんの決断にも影響を与えます。

 

 

『Don’t(自分の人生を生きるな)』

このような親の元で育つと子どもは、『Don’t(するな)』というルールを自分の中に作り上げてしまいます。

このルールが子どもの頃に作られると、大人になった時に以下のような行動がみられることがあります。

 

  • 他人に依存する言動が多い
  • 成人しても親から離れられない
  • 親から離れることに罪悪感を持つ
  • 面倒をみてくれる人から離れることに不安を持つ
  • 自分らしさがない、と感じる
  • 自立したいと願う一方で、ひとりで生きていくことは無理だとも感じている

 

あなたに、当てはまるものはありますか?

もしこれらのルールに縛られているのなら、このルールを手放すことで今の生活がより楽に感じられるかもしれません。

親との関係が変わったり、親に少しずつ自分の意見を言えるようになります。

離れることへの罪悪感を消すこともできます。

 

Sponsored Links

その罪悪感が『毒親』のサインかも…

Poche

 

「べったり母」に悩む子どもは、特に罪悪感を強く持ちやすい傾向があります。

 

  • 小さいころ優しくしてくれたから、言うことを聞かなきゃいけない。
  • 小さいころ大切にしてくれたから、面倒を観なきゃいけない。

 

もしかしたらあなたも、このように感じているかもしれません。

でも、毒親=悪人ではありません。

子どもにとって『毒』となる影響を与える『親』、それが毒親です。

 

子どもを愛していても大切に思っていても、その方法次第では、「子どもにとって毒親」になります。

親が悪い、子どもが悪い、という問題ではないのです。

 

大切なのは、大人になったあなたがどう感じているのか。

今のままだと「生きづらい」「苦しい」と感じているのなら、過去に刷り込まれたルールを手放してあげましょう。

 

親に感謝するな、というのではありません。

親に感謝することと、「これは嫌だなぁ」「もう会いたくないなぁ」というのは別問題です。

 

親を嫌いになれ、ということでもありません。

親を許せ、好きになれということでもありません。

親を好きでも嫌いでも、許しても許さなくてもいいのです。

 

今の生きづらさの原因が『過去の親子関係に隠れている』というだけのことだから。

 

 

  • 「親の連絡を無視すると、罪悪感が凄い」
  • 「親不孝なのかな…と思う事がある」
  • 「親にこんなことを思っていいのかな・・・」
  • 「もしかして、毒親?」

 

このように思う事があるのなら、一度相談してみて下さい。

誰にも相談しにくいことだからこそ、話すことで何かが大きく変わるかもしれません。

その一歩を踏み出してみてほしいです。

 

Sponsored Links

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

家族関係

Posted by poche