【毒親】子どもを苦しめる母親2│子どもに無関心の母

こんにちは。
心理カウンセラーのPocheです。

今日の記事は、親子関係に悩む『子ども』のあなたに向けて書いていきます。

毒親カウンセリングで相談が多い母親のタイプを7つに分類し、それぞれの対応についてお伝えしていきます。

 

    1. べったり甘える母
    2. 無関心な母
    3. 完璧で重い母
    4. 過干渉の母
    5. かわいそうな母
    6. 残酷な母
    7. 言うことが矛盾だらけの母

 

今回は2つめ。

『子どもに無関心の母』との付き合い方です。

 

なお複数のタイプが混在していたり、成長過程でタイプが変化することもあります。

過去の親子関係が現在の思考パターンを形成している可能性が高いので、『成長過程でタイプが変化した場合』は、過去のタイプも併せてお読みいただくことをお勧めします。

 

※内容を分かりやすくお伝えするために「毒親」という表現を用いることがあります。
毒親というのは、子どもにとっていわゆる「毒」となる性質を持つ親のことです
。親によって植え付けられた価値観や行動、子どもの頃の暴言や暴力が、大人になっても影響を与えてしまう場合に「あなたにとっては毒親だった」という定義の元、話を進めていきます。

Sponsored Links

無関心な母とは

 

  • 仕事で忙しくあまり家にいない
  • 親戚付き合いや介護などが忙しい
  • 心や体調面に悩みを抱えている

これらの理由から子どもをかまうことができなかったり、子どもが求めるような愛情を与えることができないのが『無関心な母』の特長です。

 

「出来る範囲でやっている」と母親が子育てに自信を持っていることもあれば、「もっとかまってあげないと…」と心の中で罪悪感を持っている場合もあります。

いずれにしても重要なのは、「お母さんは自分のことなんてどうでもいいんだ…」と子どもが感じているかどうかです。

 

 

例│無関心な母の具体例

「無関心な母」の例を1つ、ご紹介します。

なおこの内容は、実際の相談内容に基づくものではありません。

 

A子さんは、3人兄弟の真ん中。

家は自営業で両親ともに忙しく、保育園の発表会や、授業参観に親が来てくれることは数えるほどしかなかった。

だけどA子さんは、寂しくなかった。それは同居している祖母がいてくれたから。
学校から帰ると「よー帰ってきたね」とA子さんを傍に寄せ、いつも話を聞いてくれた。

家族に変化が訪れたのは、祖母が倒れてからのこと。

ご飯は出来合いのものになり、22時までに子どもたちだけで布団に入って眠る。両親は、夜遅くに帰ってくる。たまに休みがあっても、お母さんは家のことで手一杯で、A子さんの話を聞いてくれるような余裕はなかった。

テストで100点をとっても、「それくらい解けて当然や」の一言だけ。
学校で賞状をもらっても、「○○ちゃんちは2回目なんやで。あんたも、がんばり」と比べられるだけ。
家の掃除を手伝っても「お姉ちゃんの方が、やっぱ要領良いわ。ほらそこ、まだ汚れてる」と褒められることはない。

A子さんは、この家に「自分がいてもいなくても一緒なのではないか?」と感じるようになった。

 

このように無関心な母親をもつ子どもの行動は、大きく2つに別れます。

 

1つめ│存在を消す

自分なんていてもいなくても一緒だと思い、消えてしまいたいと思うケースがみられます。

忙しそうな親に迷惑をかけないよう問題を起こさないようにし、怒られないためにおとなしくするのです。

目立たないことで自分を守り、「その家にいてもいい」と感じようとします。

 

2つめ│わざと悪いことをする

親に関心を持ってもらうために、非行に走るケースがみられます。

家の中でいたずらをしたり、学校で悪いことをしたりして怒られようとするのがその典型です。

 

わざと悪いこと
するわけない!

そう思われますか?

 

でも実は、そうとは言い切れないのです。

私たちが自分の存在や価値を認識するために必要な、「ストローク」と呼ばれるやりとりがあります。

ストロークには『プラス(+)』と『マイナス(-)』の2つがあり、それぞれ「行動」や「言葉」で示されます。

 

行動 言葉
プラスの
ストローク
なでる
だっこする
抱きしめる
ほめる
微笑む
話をよく聴く
マイナスの
ストローク
殴る
つねる
仕事を与えない
悪口を言う
嘲笑する
欠点を非難する
「死ね」

 

プラスのストロークが与えられることで、私たちは「生きていいんだ!」「私は愛されている」と実感します。

 

厄介なのは、ストロークが人にとって必須だということ。

ストロークは、私たちが生きるための大切なエネルギーであり、心の栄養。なくてはならないものです。

 

そのため親からプラスのストロークが貰えない時、子どもはマイナスのストロークでもいいから貰おうとします。

なかなかお母さんにかまってもらえない子供が、わざといたずらしたり、叱られようとするのはこのためです。

 

Sponsored Links

無関心な母が『あなた』に及ぼす影響

Poche

 

  • 自分なんて、いなくてもいいのではないか
  • どうせ誰も、私を見てくれない
  • 親に愛されなかったのだから、どうせ誰にも愛されない

 

無関心な母のもとで育つと、このようなレッテルを自分で貼ってしまうことがあります。

それは、「母親なら子供を愛せるはずだ」という思い込み(願い)があるからです。

すると子どもは、当然受けるべき愛情がもらえないと悩みます。

その結果、受けて当然のものが貰えないのは「自分が悪いからだ」「自分に価値がないからだ」と思い込んでしまうのです。

 

しかしながら今までの経験上、子どもを愛せない親は一定数存在します。

愛せないというより、「子どもよりも自分が大事」「自分(親)を一番愛している」といった方がいいかもしれませんね。

 

 

『成功を感じるな(Dont’t Feel Successful)』

テストで100点をとっても、「それくらい解けて当然や」の一言だけ。

学校で賞状をもらっても、「○○ちゃんちは2回目なんやて」と比べられるだけ。

家の掃除を手伝っても「お姉ちゃんの方が、やっぱ要領良いわ。ほらそこ、まだ汚れてる」と指摘されるだけ。

 

今回のAさんの場合は、「無関心な母親」以外にも影響を与えているものがあります。

それは親が植え付けた、ある1つのルール『成功を感じるな(Dont’t Feel Successful)』というものです。

 

このルールを植え付けられると、大人になったときに以下のような悩みを抱えやすくなります。

 

  • どれだけ目標を達成しても、達成感がない
  • 頑張っても頑張っても、終わりがないように感じる
  • 何をやっても無意味に感じる
  • 成功したと思うと、良くないことが起こると感じる
  • よくないことは、自分のせいだと思う

 

あなたに、当てはまるものはありますか?

もしこれらのルールに縛られているのなら、このルールを手放すことで今の生活がより楽に感じられるかもしれません。

 

自分に自信が持てるようになるので、周囲との関係もガラリと変わります。

つい頑張りすぎてしまう自分を手放し、ちょっとしたことでも「できた!」「やった!」という達成感を味わえるようになります。罪悪感なく休めるようになります。遊びも楽しめるようになります。

 

Sponsored Links

大嫌い!の裏にある「認めてほしい」という本音

Poche

 

  • 親に愛してほしい。
  • ありのままの自分を認めてほしい。
  • もっと私を見てほしい。

 

これは全て、自然な感情です。

「普通の子どもは、みんな愛されているのに…」このように考えてしまうと、「愛されないのは自分が悪いからだ」「自分に価値がないからだ」と落ち込みます。

 

愛されないのは、あなたのせいではありません。

 

毒親は、周囲になかなか理解されない問題です。

親から愛されなかったことで自信が持てないのなら、一度お話しませんか?

下記フォームより相談受け付けております。

 

Poche

Sponsored Links

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

家族関係

Posted by poche