【親子問題】ありのままの自分を愛せないのは『あなたのせいではない』

こんにちは。

心理カウンセラーPocheです。

今日の記事では、ありのままの自分を愛せない理由についてお伝えします。

 

次の画像を見て「思ったこと」を口に出してみて下さい。心の中で考えるだけでもいいです。

 

そのままの自分でいい

 

「うん、そのままの私でいい」

そう思えたのなら、大丈夫です。

 

だけど以下のように思うなら、この先の記事を読み進めてみてほしいなと思います。

「そのままの私じゃ誰も認めてくれない」

「そんなの綺麗事」

「そのままの私ってなに?」

 

Sponsored Links

受け入れられないのは『性格のせい』ではない

これまで私はツイートで「ありのままのあなたでいい」「そのままのあなたでいい」と、伝えてきました。

だけどその言葉に励まされる人もいれば、辛い気持ちになってしまう人もいます。

 

もしかするとあなたも、「ありのままでいい」と思えない自分を責めてしまうことがあるかもしれません。

「そう思えないこと」をネガティブな性格だと捉え、「この性格を変えたい」と訴える方もいらっしゃいます。

 

でも、違いますよ。

 

あなたの性格のせいでは、ありません。

「ありのままでいい」と思えない理由は、あなたの過去にあります。

 

親とあなた

 

「ありのままでいい」と思える心の土台は、小さな頃に作られます。

何かが出来ても、出来なくても。わがままを言っても、泣いても、怒っても…無条件に自分を認めてくれる人がいる安心感が、「ありのままでいい」と思える心を育てます。

 

実は「ありのままでいい」と思えない人のほとんどが、子どもの頃に『ありのままの自分を否定』されています。

 

重要なのは
『誰に』否定されたか。

 

拒否したのが友達や先生なら、まだ傷は浅いです。

心の傷が深いのは、親から受ける「ありのままの自分の否定」。

 

子どもにとって重要な人であればあるほど、「ありのままの自分でいい」と思えなくなります。

さらには自分にとって重要な人から頃に「ありのままの自分」を否定された人は、自分自身もまた「ありのままの自分」を否定します。

※親子関係に問題がなくても、配偶者によるモラハラ・DVなど大人になって「ありのままでいい」と思えなくなるケースもあります※

Sponsored Links

ありのままでいいと思えるために

 

ひとつ、質問しますね。

次のような言葉を言われた時、あなたはどう感じますか?

 

「他人よりも、自分を大切にしてあげてくださいね」

「他人に優しくしているように、自分にも優しくしてあげてくださいね」

 

素直に「やってみよう」「その通りだ!」「はい」と思えましたか?

そう思えるのなら、あなたはもう大丈夫。

この言葉を繰り返し自分に言い聞かせることで、「ありのままの自分」を少しずつ取り戻し、認められるようになっていきます。

 

「そう思えなかった」人へ

 

「でも…」

「それが出来たら苦労しない」

「他人には出来るんだけどなぁ~」

「そんなことしたら、みんな離れていきそうで怖い」

 

先ほどの言葉を見てこのように感じたのであれば、親の影響が相当強いです。

 

自分が言いたいことではなく、親が言ってほしいことを考えてきたのではありませんか?

自分がしたいことではなく、親が「してもいい」「してほしい」と思う事を優先してきたのではありませんか?

親の機嫌をうかがい、親がしてほしいことを察し、親のために色々しなきゃと頑張ってきたのではありませんか?

 

これも、以前お伝えした『親子の役割逆転』が及ぼす影響です。

 

子どもであるはずのあなたが『小さな親』を演じるためには、「ありのままの自分」でいることが許されませんでした。

ありのままではなく、「親が求めるあなた」を演じならなければいけなかったからです。

 

 

小さな『きっかけ』を見つける

Poche

 

ポジティブな言葉を並べても、前向きになる方法を試しても、心癒される言葉を集めても…

きっとあなたはこれまで、「ありのままの自分でいい」とは思えなかったと思います。

 

「ありのままの自分でいい」と口に出すことさえ、抵抗を感じるかもしれません。

それはまるで何かが喉につっかえたように、「そんなわけない」と心が言葉を拒むかのように…。

 

その理由が、あなたの幼少期の親とのかかわりにあります。

「ありのままの自分では愛されない」「認められない」と思った過去のできごとが、きっとあります。

 

その出来事は、大人のあなたからすれば、ものすごく小さなことかもしれません。

それは、このような『小さなきっかけ』かもしれません。

 

  • 親に書いた手紙の誤字を笑われた
  • 折り紙で作ったプレゼントを「ゴミ」と言われた
  • 妹や弟ばかり褒めていた
  • 好きな服を着せてもらえなかった

 

ありのままの自分でいいと思えるようになりたい。でもなぜか、できない。

そう思われるのであれば、過去の記憶を一緒に整理してみませんか?

 

子どもの頃、親に言われたことや、今も引っかかっていることがあれば教えて下さい。

今も思い出す記憶の中に、「ありのままの自分」を見つけるヒントが隠されているはずですから。

 

Poche

 

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

家族関係

Posted by poche