喜べなくてOK!褒められるのが苦手なアナタに試してほしい『たった1つ』の方法

こんにちは。

心理カウンセラーPocheです。

今日の記事は『褒められるのが苦手な理由と、その対処法』について。

 

  • 褒められた時に、心から喜べるようになりたい
  • 褒められたいのに、褒められると戸惑う
  • 「すごいね!」と言われても、「本当にそう思ってる?」と勘ぐってしまう自分が嫌

 

このように褒められることに戸惑ってしまうあなたに向けて、書いていきます。

 

Sponsored Links

そもそも「喜べないとダメ」?

Poche

 

「人から褒められた時に、素直に喜べない」

「出来ている、と言われても心から嬉しいと思えない」

このような悩みを抱えている方は、とても多いです。

 

「喜べない自分=おかしい」

「嬉しいと思えない自分=冷たい」

というように感じて、「自分を変えなきゃ」と思っている人もいます。

 

でもね。

あなたはおかしくないし、冷たくありません。

喜べないのも、嬉しいと思えないのも、ちゃんと理由があるんですよ。

だから、自分の気持ちをごまかしてまで「嬉しい」なんて思えなくて大丈夫。

 

 

1つ、質問させてくださいね。

今のあなたは『A』と『B』、どちらの状態でしょうか?

 

『A』
もっともっと、褒められたい。
自分のためにも、褒められた時に喜べるようになりたい。その方が幸せになれそうだと思う。

 

『B』
褒められて喜べないのは、人としてどうかな…と感じる。
喜べるようにならなきゃいけない、と思う。そうした方が、良いと思う。

 

今のあなたが『A』の状態なら、これから先に書く内容が、きっと役に立つはずです。

もっとあなたらしく生きるために、褒められることに慣れていく方法を試してみてください。

 

『B』の状態の場合は、過去の記憶があなたを苦しめている可能性があります。

親に褒めてもらうために自分の意見を抑え込んだり、したいこと・やりたいことを我慢したり、やることなすこと否定されたり、頑張っても「それくらい当たり前」と認めてもらえなかったり…。

子どもの頃の経験が、「褒められること」に抵抗を感じさせているのかもしれません。

 

Sponsored Links

褒められて戸惑う2つの理由+対処法

 

褒められて戸惑うのには、ちゃんと理由があります。

2つの理由と対処法をまとめましたので、自分に当てはまる理由はどれか探してみて下さいね。

 

1│「なんか違う」感

  • 褒められて喜べる時もあれば、喜べない時もある。
  • Aさんから褒められると喜べるけど、Bさんから褒められると喜べない。
  • 「褒めてほしいの、そこじゃない!」と思う

 

このようなケースに当てはまる場合、「自分の想い」と「褒められた内容」にズレがあるせいで素直に喜べていない可能性が高いです。

 

「褒めてほしいの、そこじゃないんだよなぁ」
「あなたに褒めてもらっても、喜べない」

という『本音の部分』が、喜ぶことにブレーキをかけてしまっているのかもしれません。

 

でもね。

あなたが思う「あなたの良い所」と、相手が思う「あなたの良い所」が違っても良いと思いませんか?

 

自分では「ふつう」だと思っていることを褒められると、違和感があるかもしれません。

でもあなたを褒めた相手からは、そんなあなたを「いいなぁ」「素敵だなぁ」「すごいなぁ」と思っている。

相手から見ると素敵な部分だから、あなたを褒めたのです。

 

 

これは、心理学でいうところの「盲点の窓」。

自分では気がついていないけれど、相手が知っている「あなたの良い所」です。

 

褒められた時には、こう考えてみてください。

「へえ。そうか、そんな良いところもあるんだな」と。

 

心から喜べなくていいです。

心から嬉しい、なんて思えなくても大丈夫です。

 

だけど、「そんなことない」「そうですか?」と否定するのは止めておきましょう。

あなたは謙遜のつもりでも、相手は「私の意見を否定された!」と勘違いしてしまいますから。

 

「ありがとう!」と伝えて、「そう思ってくれているのだなぁ」という事実だけ受け取っておきましょう。

 

 

2│脳が「変化を嫌う」から

脳は、変化を嫌います。

心のどこかで「自分なんて」「自分が嫌い」と思って生きていると、無意識に「私は褒められるべき人間ではない」と脳内にインプットします。

 

褒められるべき人間ではないと無意識に「思い込んで」しまっているので、自分の中では『褒められない=事実』です。

誰かに褒められても、『褒められる=間違い』だと脳が勘違いし、脳が拒否するので喜べません。

「自分なんて」と思っていればいるほど、この拒否反応は大きくなってしまいます。

 

一番の対処法は、褒められることに慣れること。

もしかするとあなたは、幼少期の親とのかかわり合いから「褒められる」ことに抵抗があるかもしれません。

褒められて喜んでいるときに「調子に乗るな!」「天狗になるな!」「それくらい当然だ」と、言われたことがあるかもしれません。

 

私は褒められていい。

そう思うところから、スタートです。

 

過去は変えられませんが、今のあなたが『自分に許可』を出してあげてください。

褒められて戸惑った時、心の中で自分に「喜んでいいんだよ」「褒められていいんだよ」と寄り添ってあげてください。

 

「褒めてくれる人がいません!」というのなら、自分で自分を褒めてみて下さい。

朝起きられたとか、忘れ物しなかったとか、姿勢が良かったとか、些細な事から始めてみて下さい。

 

…サラッと簡単に書いてしまいましたが、『自分で自分を褒める』のは、なかなかハードルが高いです。

なので、「ダメだ。自分でさえ、自分を褒められない…きっと良いところがないんだ。」なんて、落ち込まないでくださいね。

 

Sponsored Links

あなたはプレゼントを断りますか?

Poche

 

色々試してみても、「やっぱり褒められるのって苦手だなぁ」という人がいます。

それはそれで、良いと思いますよ~。

 

褒められるのが苦手でも、大丈夫。

心から喜べなくても、大丈夫。

苦手な食べ物がひとりひとり違うように、苦手なことがあってもいいじゃないですか。

 

でも1つ、私からお願いがあります。

それは「褒めてくれた言葉」を受け取ること。

 

「誉め言葉」は、ただの言葉ではありません。

相手からあなたへの、言葉のプレゼントです。

 

プレゼントをもらったらまず、「ありがとう」ですよね。

内容が好みじゃなくても、好きな人からじゃなくても、「ありがとう」と伝えますよね。

 

「いえ、そんなことないですよ…」「たいしたことないです」という謙遜は、相手からのプレゼントを「いらない!」と断るのと一緒。

「プレゼント拒否」を繰り返されたら、プレゼント(=誉め言葉)を贈りたくなくなってしまいます。

「もっと褒められたい!」と思えるようになった時に、誰も褒めてくれない…なんてことにならないように「褒めてもらったらありがとう」を大切にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Poche

Sponsored Links

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

自己肯定感

Posted by poche