「親を悪く言えない」…アナタに『罪悪感』を植え付ける7つの手口~毒親

こんにちは。心理カウンセラーPocheです。

今日は親への罪悪感についてお伝えしていきます。

 

  • 子どもは、親を敬うべき
  • 子どもは、親を支えるべき
  • 子どもは、親に感謝すべき

 

…この言葉を見て、
心がザワザワしませんか?

 

「それなのに私は…」と、胸が苦しくなりませんか?

「だから何なの!?」とイラッとする人もいるかもしれません。

 

それでいいです。

今日の記事を読んで欲しいのは、「アナタ」のような人なのです。

 

先ほどの言葉は、どれも「正しくて良い事」のように思えますね。

学校の教育や世の中の風潮も、これらを「正しくて良い事」のようにアナタに押し付けます。

 

ですが「子どもは親を○○すべき」には、大切な前提が抜けています。

それは親が「ふつうの親」である、という前提条件です。

先ほどの言葉に、親が「毒親」の場合は想定されていません。

 

毒親の場合には「子どもは親を敬えない」し、「これ以上親を支えるのは無理」だし、「親に感謝しているけれど、これ以上一緒にいたら自分の心が壊れてしまう」のです。

 

※内容を分かりやすくお伝えするために「毒親」という表現を用いることがあります。
毒親というのは、子どもにとっていわゆる「毒」となる性質を持つ親のことです。親によって植え付けられた価値観や行動、子どもの頃の暴言や暴力が、大人になっても影響を与えてしまう場合に「あなたにとっては毒親だった」という定義の元、話を進めていきます。

Sponsored Links

毒親は『高利貸し』と一緒!?

Poche

 

毒親が子供をコントロールする手口は、『高利貸しがお金を貸す』のとよく似ています。

高利貸しは、借り手が完済することを望みません。

全額返済されない限り、利息を永久に取り続けることが出来るからです。

 

毒親の場合は、「お金」ではなく「罪悪感」を使います。

「あなたに○円使った」「あなたは私のおかげで生きている」「あなたのせいで私はこんなに大変」「親に感謝しろ」と伝えることで、子どもに永久的に『罪悪感』を持たせておこうとします。

 

子どもが罪悪感を持っている限りは、親が子どもをコントロールできるからです。

 

 

毒親の使う7つの手口

 

コントロールの手口ひとつひとつは、たいしたことないように思われるかもしれません。

問題は、これらが毎日執拗に繰り返されるという事実です。

 

毎日繰り返されるうちに心は壊れ、何が正しいのか分からなくなり、親の思い通りにコントロールされてしまいます。

ですが、暴力と違って「どの家でもありそうなこと」に思えるため、子ども自身がコントロールに気がつけません。

 

そこで今回の記事では、『子どもが気がつきにくい』有害な7つの手口について取り上げます。

 

1.言うことが矛盾している親

  • 暴言を吐いておいて、そのあと笑顔で接する親
  • 酷い態度を示す日もあれば、何事もなかったかのように優しく接する日もある親
  • もっと自由にしなさいと言いながら、あれこれ指図する親

 

このような親を持つと、子どもは「自分が見たり感じたりしたこと」を信じられなくなります。

大人になった時に自分の考えに自信が持てず、「自分がおかしいのか?」と思うこともあります。

 

 

2.家と外の顔が違う親

外では愛想よく他人に丁寧に接するのに、家の中ではまるで正反対の親がいます。

このような親を見て育つ子どもは、そんな親を信用できなくなるか、無意識のうちに「自分も同じようになる」かのどちらかです。

 

あなたの親は、周りから「良いお母さん」「良いお父さん」「良い人」と言われていますか?

ではあなたの目から見て、あなたの親はどのように見えますか?「あなたにとって、良い人」でしょうか?

 

 

3.都合が悪い時にごまかす親

「誰が正しくて、誰が間違っているか」「誰が勝って、誰が負けたか」など、白黒思考でしか物事を考えられない親がいます。

このタイプの親は、子どもが何かを言い張ったりすると、それとは無関係のことで子どもを非難したり、話題をそらして言いくるめようとします。

「この前も○○だった!」「あんたはいつもそう!」などと違う話題を持ち出して、子どもを非難します。

 

このようなことを日常的に受けていると、子どもは「自分が言いたかったこと」が何だったのか分からなくなります。

自分の意見を言うよりも、黙って親に従う方が自分が傷つかないと学びます。

 

その結果、大人になっても「自分の気持ちを表現するのが苦手」になります。

親に何を言っても聞き入れてもらえないので、人に本音を話すことが出来なくなってしまいます。

「どうせ話しても無駄だ」と思ってしまうのです。

 

 

4.全面的に否定する親

 

自分が間違っているのに、絶対にそれを認めない親がいます。

子どもは心の中に、2つの選択肢を持ちます。

 

  • A.親が間違っている。もしくは親が、嘘をついている
  • B.私が間違っている。もしくは私が、勘違いした。ちゃんと理解できなかった。

 

多くの子どもは「B」を選びます。

いえ正確には、幼いころから親によって「Bを選ぶようにコントロールされている」と言った方が良いでしょう。

だから子どもは、自分に自信が持てなくなります。

 

 

5.ネガティブな感情をぶちまける親

不満や愚痴などネガティブな感情を子どもにぶちまけることで、ストレスを解消しようとする親がいます。

多くの場合、親は自覚していません。

親が言う不満や愚痴が、どれだけ子どもの負担になっているのか分かっていません。

 

子どもが勇気をもって「愚痴を言うのをやめて」と言おうものなら、「あなたの話は聞いてあげたのに」「お母さんは愚痴を言う相手もいない」「私のことなんてどうでもいいのね」などと、子どもの罪悪感に訴えます。

 

だから子どもは、自分より親を優先するようになります。

すると大人になった時に、「何故か分からないけれど」自分より他人を優先してしまうようになります。

幼少期の親とのかかわりが、あなたをそうさせているのです。

 

 

6.1人の子どもを『生贄』に使う

自分の責任を回避するために、1人の子どもを「生贄」にする親がいます。

家族が抱える問題の原因を「その子」に背負わせるのです。

 

背負わされた子どもは、そうとは知らず、「私がいなければ家族は仲良しでいられるのに…」と思い込みます。「私がいるせいで…」と、自分を責めるようになります。

そうすることで親は、その子に一生罪悪感を背負わせます。

 

 

7.自分が「犠牲者ぶる」親

まるで、子どものせいで自分が不幸になったかのように、自分が苦労したかのように「犠牲者ぶる親」がいます。

「あなたさえいなければ」「私がこうなったのはお前のせいだ」「あなたのせいでこんなに苦労した」と、子どもを責めます。

 

子どもは生まれつき親に愛情を持っているので、このようなことを言われるたびに罪悪感が生じます。

そしてなんとか親を助けたいと思います。

…いえ。正しくは「助けなきゃ」「力にならなきゃ」「何かしなきゃ」と、親によって『思わされている』と言った方が良いかもしれません。

 

このような環境で育つと、大人になった時に「他社との心の境界線」が曖昧になり、自分の問題と他人の問題を区別できなくなります。

不機嫌な人がいたり、場の空気が悪い時に、「何とかしなきゃ」と背負いすぎてしまいます。あの人はこう思っていると決めつけ、ちょっとしたことで落ち込みやすくなります。

 

「自分でもなぜだか分からないけれど、そう思ってしまう…」と悩んでいるのであれば、親がこのタイプの可能性があります。

Sponsored Links

なぜ親は「7つの手口」を使うのか

いわゆる毒親とよばれる人には、いくつものタイプがあります。

ですが、このような手口を使う多くの親は『無自覚』です。

自分が子供を苦しめていると、思っていません。気付いていません。

 

だから厄介なのです。

 

あなたの親も、明らかな悪人ではないでしょう。

いつも意地悪なわけではなく、たまに傷つくことを言うだけかもしれません。

「どの家にもよくあること」という一言で、あなたはこれまで何とか納得し、我慢してきたのかもしれません。

 

大人なった今、あなたが苦しんでいないのなら、「それはそれでいい」です。

 

大切なのは「親が毒親かどうか」ではありません。

過去に親がしたことによって、今のあなたが苦しんでいるかどうかです。

 

「親を批判することに罪悪感がある」とおっしゃる方は多いですが、カウンセリングを通して行うことは、あなたの親の批判ではありません。

あなたがその親によってどのような影響を受け、今、何に悩んでいるのかを探します。

過去を整理したからと言って、親を攻撃する必要もなければ、親を嫌いになる必要もありません。

(嫌いなら嫌いで、それはかまいません)

 

「もしかして…」「毒親というほどではないのですが…」という人ほど、過去の影響を強く受けて苦しんでいます。

 

親への罪悪感が強く悩んでいるのであれば、一度メールカウンセリングにてご相談ください。

誰にも言えなかった気持ちを話すだけで、楽になることがあります。

「今抱えている悩み」の原因が過去にあったことに、気がつけるはずです。

 

 

カウンセリング希望の方へ

 

カウンセリング申し込み時に、『この記事のURL』もしくは『7つの手口』に当てはまったことをお伝えください。

実際に思い当たる項目があれば、「4.全面否定する親が当てはまった」などお伝えください。より具体的な提案が可能となります。

 

これらの手口1つ1つは、「よくあること」で「たいしたことない」ように思えるかもしれまえん。

ですが、それらが毎日繰り返されること、さらには「どのような手口の組み合わせなのか」によって、子どもが受ける被害はとても大きなものになります。

 

私はあなたが何を書いても、否定しません。

「こんなことくらいで…」とあなたが思っていることが、大人になったあなたを苦しめている可能性があります。

カウンセリングの間は、信じてみて下さい。

私も、あなたを信じます。

Poche

 

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

家族関係

Posted by poche