【親子逆転の実例】子どもが『母親代わり』になるということ

こんにちは。
心理カウンセラーPocheです。

 

これまで2度にわたり親子逆転についてお話してきましたが、今回の記事では親子の役割逆転の具体例についてお伝えします。

親子逆転には「これくらいどの家でもあるのかな?」と思えるようなものから、「まさかそんなことが…!?」と思えるようなものまでさまざまです。

 

今回は「自分では気がつきにくい親子逆転」の例を取り上げます。

 

今まで感じていたあなたの『生きづらさ』の原因は、もしかしたら親子逆転によるものかもしれません。

大丈夫。原因さえ分かれば、あとは前に進むだけですから。

 

今回の記事がそのきっかけになれば嬉しいです。

Sponsored Links

 

親子の役割逆転が起こると…

 

親子逆転というのは、その名の通り『親と子の役割が入れ替わる』ことです。

掃除や家事など『物理的な面』というよりは、精神面での役割逆転を意味します。

 

親は、子供に愛を与えます。

親子逆転の親は、子どもに愛してもらおうとします。

 

親は、子どもを認めます。

親子逆転の親は、子どもに自分を認めてもらおうとします。

 

このように自分の親が満たしてくれなかった基本的欲求(母親に愛されたいと思う気持ち)を、子どもに満たしてもらおうとする。それが親子逆転です。

※今回は詳しく書きませんが、親子逆転をする親は『親の愛に飢えて』います。それを子どもを使って埋めようとしてしまいます。

Sponsored Links

 

親子逆転の実例2つ

Poche

 

親子逆転の実例を2つ、お伝えします。

なお今回ご紹介する例は、実際のカウンセリング相談事例ではありません。ご安心ください。

 

事例1:みんなのお母さんになる

A子さんは、2人姉妹の長女でした。

お母さんが料理を作れば「わぁ、おいしそう♪」と喜び、お父さんが仕事で成果を収めたと聞けば「わぁ、さすがだね!」と褒め、妹が親に怒られ落ち込んでいれば「あなたは頑張ったよ!大丈夫」と慰める。

夫婦喧嘩があると「お父さんがこんなことを言ったのよ」と、お母さんがA子さんに愚痴を話す。A子さんは「悲しかったね」と受け止めてあげる。お父さんから相談を受けることもありました。まさにA子さんは、家の中の「小さなお母さん」でした。

だからこそA子さんは、自分が甘えることができませんでした。
しっかりしなきゃ、話を聞かなきゃ、私が支えなきゃと、いつも頑張っていました。

たまに「お母さん、見て!習字で賞を取ったよ」と喜んで話しても、「ふーん」とか「それくらいで喜ばないの!」とたしなめられてしまう始末。

大人になるにつれ、「私はみんなのためにこんなに頑張っているのに…」という気持ちと、「私は何のために生きているのだろう」という気持ちで揺れ動くようになりました。

 

子どもの自慢を聞いて「すごいね!」と伝えてあげるのが、親です。

子どもが悲しんでいる時に「悲しかったね」と寄り添ってあげるのが、親です。

でも親子逆転では、そうはいきません。

 

子どもが親の自慢を聞いて、「すごいね!」と言わなくてはいけません。

子どもは、自分のことを伝える機会を失います。

 

親が悲しんでいる時に、「どうしたの?大丈夫?」と寄り添わなくてはいけません。

子どもが悲しんでいると、「それくらいで!私なんてもっと苦労したわよ!」とマウントをとる親もいます。

 

 

事例2:子どもの気持ちより「自分の気持ち」

B子さんの母親は、子どもの頃から寂しい思いをしていたそうです。

「お母さんは、自分の母親に嫌われていた。お母さんの味方は誰一人としていなかった」「お金もなくて旅行にも連れて行ってもらえなかった。だから夏休み後の学校で、みんなの旅行の話を聞くのが嫌だった」という話をいつも聞かされていました。

そのこともあってかB子さんの親は、毎年B子さんを旅行に連れて行ってくれました。

でも少しでも楽しくなさそうにしたり、喜ばなかったりすると、「何だその態度は!」「せっかく連れてきてやったのに!」とものすごく怒るのです。

だからB子さんは旅行中、つねに母親に気を遣っていました。疲れていても笑顔、楽しくなくても笑顔、母親の話も嫌な顔一つせず聞いてあげました。

母親の機嫌を損ねると大変になると、知っていたからです。(機嫌を取るのもB子さんの役割でした)

 

B子さんの母親が旅行に行ったのは、子どものためでしょうか?

いいえ違います。

 

子どものためなのだとしたら、子どもが楽しくなさそうでも怒りません。

B子さんの母親は、「自分のため」に旅行に行ったのです。

 

小さいことに家族旅行に行きたかったけれど、行けなかった。

その時の悔しさや寂しさを埋めるための自分が「欲しかった愛情」を満たすための旅行だったのです。

 

B子さんのお母さんは、B子さんに「本当は母親からもらうはずだった愛情」を求めています。

だから子どもが喜ばないと怒ります。

 

親の怒りのメッセージは、「私を愛して」「私を喜ばせて」です。

親子逆転が日常的になると、親が子どもを喜ばせるのではなく『子どもに喜ばせてもらうのが当然』と感じるようになってしまいます。

だから子どもは、苦しみます。

Sponsored Links

 

親子逆転で育ち『大人』になったあなたへ

Poche

 

ひどい親子逆転状態で育つと、子どもは「私は誰からも愛されない人間だ」というイメージを抱くようになります。

このイメージを持ったまま大人になると、他人からの拒絶や無視に非常に敏感になります。

 

  • 大切にしてくれているのに、大切にされているという自信が持てない。裏があると思う。
  • 無視されていないのに、無視されたと思う。
  • 何か注意されると、「私のすべてがダメなんだ!」と思い込んでしまう。

 

このような『認知のゆがみ』が、非常に根深く残ります。

 

大きくなるまで何十年と親子逆転で過ごした人の傷は、「一般的な心の傷」とは深さも程度も全く違うのです。

「認知のゆがみを直そう」というレベルの話ではありません。だから大変なのです。悩み苦しむのです。

 

「こんなことでまだ悩んでいるなんて…」と、自分を責めないでくださいね。

まだ悩むほど、色々試しても心の傷がいえないほど、あなたの傷が深く広かったということです。

 

何かあれば相談してみて下さい。

今の辛さから抜け出すヒントが見つかるかもしれません。

 

 

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

家族関係

Posted by poche