『もしかしてうちの親って、毒親?ー毒親育ちかもしれないと思ったら』

「親を許すことが解毒の第一歩」
「相手を許さなければ、前に進めない」
「過去のことは、水に流して忘れるべき」

 

このような話をどこかで見聞きしたことがあったり、あなた自身もそう信じているうちの一人かもしれませんが、この本はあなたが親を理解し許すための手引書ではありません。

 

何千件と毒親問題にたずさわってきた上で私は、無理して毒親を許す必要はないと考えているからです。

 

私の元には、別のカウンセラーや医師から「親を許すように」と諭され、それでも許せない自分を責めて、「どうすれば許せるようになるのか」「許せない自分は、ダメな人間なのではないか」と相談に訪れる人が後を絶ちません。

ですが、親を許すことができないとしても、親の影響から抜け出すことはできます。

本書では、「もしかして私って…」「もしかしてうちの親って…」と気づいたあなたが、これから何をどのようにしていけばいいのかをまとめました。

あなたが、あなたらしく生きていくために、この本が役に立つはずです。

 

書籍『もしかしてうちの親って、毒親』の購入はこちら

 

 

 

 

 

 

>>カウンセリング申込はコチラ

 

▼親が何故か『しんどい』と感じたら▼

親子関係に悩んで八方塞がりになってしまっている中で、これから自分はどうすればいいのかを示してくれる本。

『もしかしてうちの親って、毒親?』

もしかしてうちの親って、毒親? 毒親育ちかもしれないと思ったら

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

Posted by poche