「男の子が良かった」「女の子が良かった」という言葉が今もよぎるあなたへ

こんにちは。心理カウンセラーPocheです。

今日は、過去に誰かから言われた「忘れられない言葉を」どう整理していくのかについて。

※このブログ内容は Voicy でも音声配信しています。

 

今回取り扱うのは「本当は男の子が欲しかった」「本当は女の子が産みたかった」という親からの言葉です。

このような言葉を今も覚えていたり、このような言葉をふと思い出すあなたに向けてお話をしていきます。

 

今回のブログの目的は、あなたの親を責めることではありません。

かといってあなたの親を擁護したり、過去のことだから親を許した方がいいよ、というお話をするつもりもありません。

 

今回私がお話しするのは、
なぜ大人になった今も「過去に言われた言葉が忘れられないのか」という理由についてです。

 

脳はよくわからないものが苦手です。わからないことがあると、無意識に考え続けます。

どこかでみたはずのあの人の名前が思い出せない時にずーっと考えてしまうのと同じように、過去に言われた言葉に納得できないと無意識に考え続けてしまいます。

あなたが過去に言われた「男の子が良かった」「女の子が良かった」という言葉を忘れられないのも、その言葉が心のどこかにひっかかっているからかもしれません。

 

「何が心に引っかかっているのか」理由がわかれば、それだけで嫌な言葉を思い出す頻度が減ったり、思い出したとしても今ほど不快感を感じなくなっていきますよ。

 

性別批判は心に残りやすい

 

  • 「本当は男の子が欲しかった」
  • 「本当は女の子が欲しかった」

このようなことを親や親戚から言われてしまうことがあります。

多くの場合、言った人に悪気はありません。言った本人は、そのようなことを言ったことさえ覚えていないこともあります。

 

だからこそ勇気を出して親に「子どもの頃に、本当は男の子が欲しかったと言われたのが辛かった」と伝えたとしても、全く理解してもらえないことは多いのです。

理解してもらえないどころか、「まだそんな昔のことを言っているの?」と否定的なことを言われたり、「大人になりなさい」と諭されてしまうこともあるでしょう。

「男の子が欲しかった」「女の子が欲しかった」という当時の気持ちを言っただけだ、と主張する親もいます。実際にあなたが生まれてちゃんと育てたのだから、どこに問題があるのかと逆ギレされてしまうこともあります。

 

重要なのは、誰が悪いのかということではありません。

伝え方が良かった・悪かった、ということでもありません。

 

ここでお伝えしたかったのは、「男の子が欲しかった」「女の子が欲しかった」という言葉の重みが、言った側と言われた側では全然違うということ。親が軽い気持ちで言った言葉が、子どもにはとても大きな意味を持つという1つの事実についてです。

この部分の認識の違いについてお伝えしたかったので、このようなお話をしました。

 

Poche

 

「男の子が欲しかった」「女の子が欲しかった」いう言葉は、親にとっては「当時の自分の本音」でしかないのかもしれません。

でも言われた側の子どもにとっては、とても大きな意味を持ちます。自分を産んだ親から、自分の性別を否定されているのと同じだからです。

何を大袈裟なと思われるかもしれませんが、子どもにとってはそれほど大きな意味を持ちます。

 

たとえば、女の子として生まれた子が「本当は男の子がほしかった」と親から言われたとしましょう。

このような言葉を言われると、「自分は望まれていなかったのでは」と不安になります。自分を生み出した人から「自分の性別を否定される」というのは、自分の存在そのものを否定されるのと同じような意味を持ちます。

親にはそのような意図はなかったとしても、子どもの心には「女の子としての自分は、親に望まれていなかった」という1つの可能性が不安として残ってしまうのです。

 

「男の子が欲しかった」と言われても、女の子としてちゃんと育ててもらったのだからいいじゃないかという人もいるかもしれません。

言われた本人が心からそう思えるのなら、それはそれで問題ありません。

……でも今このブログを読んでいる方はきっと、大人になった今でも過去に言われた「男の子が良かった」「女の子が良かった」という言葉に苦しめられているのではと思います。

苦しむまではいかなくても、ふとした時に思い出してなんともいえないモヤモヤを感じている人もいらっしゃるでしょう。

 

「男の子が欲しかった」「女の子が欲しかった」という言葉が今も忘れられないのは、自分の存在を一番認めて欲しい相手に、自分の存在を否定されたように感じたからかもしれません。

 

だから、今もまだこんなことで悩んでいるなんて、自分を責めないでおきましょう。

 

今も忘れられないのは、それだけ当時のあなたがショックだったということ。

今になって考えれば大したことないと思うような出来事だとしても、当時のあなたにとっては大問題だったということなのですから。

 

過去の言葉の乗り越え方

Poche

 

「男の子が欲しかった」「女の子が欲しかった」と言われた時、自分がどう感じたのか。

自分が要らないと言われているようで悲しかったのか、望まれていなかったのではと思って不安だったのか、そんなこと知りたくなかったと怒りが湧いたのか……。

 

同じ言葉を言われても、何を感じるかは人それぞれ違います。

過去の言葉に傷つく理由も、忘れられない理由も一人一人違います。

 

悲しいのか悔しいのか、不安なのか苦しいのか……。

今も忘れられない言葉があるなら「その言葉をどう感じたのか」について、考えてみてください。

なぜ過去の言葉が今も忘れられないのかという理由に納得できるようになると、それだけで思い出す頻度は減り、思い出したとしても前ほど嫌な気持ちになりにくくなりますから。

 

なお今回お話ししたような過去の言葉が及ぼす影響については、現在発売中の著書「あなたはもう、自分のために生きていい」のチャプター1でもお伝えしています。

今はまだ過去について考える心の余裕はないなぁという方、とりあえず今感じている生きづらさをなんとかしたいという方は、チャプター4から読んでみてくださいね。

 

辛い時に、わざわざ辛いことをする必要はありません。

心も体も疲れている時に、疲れるようなことをしない方がいいです。

しんどい時に必要なのは、しんどさから抜け出せるように頑張ることではなくてしんどい時に休めるようにすることです。しんどいのに何故か休めないなら、「何故か休めない理由」に関係する過去を知ることも役に立つかもしれません。

理由がわかれば、対処できます。

とはいえ過去を振り返るのには時間も体力も使いますから、無理のないペースで自分に必要なところから取り掛かってみてくださいね。

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』


 

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

人間関係

Posted by poche