【親だから許される?】ブス!バカ!大人になっても「親の言葉」に悩まされる人へ

こんにちは。

心理カウンセラーPocheです。

今日の記事は、親からの『悪態』について。

※具体的な例も交えてご紹介しますので、ご注意ください。過去の辛い記憶が蘇り、辛い気持ちになってしまうことがあるかもしれません。

 

  • 子どもの頃、親から容姿について嫌なことを言われた
  • オシャレをしたり化粧をすると、母親が嫌な態度をとる
  • 親は自分が一番でなければ気が済まない
  • 失敗するたび「バカだから」と思ってしまう
  • 可愛いと褒められても、喜べない
  • 鏡を見るのが怖い
  • 数値的には標準的な体重なのに「デブだ」と思ってしまう

 

このようなことに当てはまるなら、子どもの頃に浴びせられた「ブス」「デブ」「バカ」といった言葉が大人になったあなたを苦しめている可能性があります。

思考のクセは幼少期に作られるので、5~10歳頃に言われた言葉は特に強く残ってしまうのです。

 

Poche

 

人の脳は、特に何も意識しなければ「子どもの時のルール」をそのまま適用して生活します。

子供の時に「あんたはブスだから」と言われた内容がそのままルールとして適用され続け、大人になった時に「私はブスだから、きっと嫌われる」「ブスだから好きになってもらえない」という思い込みを作り出してしまうのです。

 

あなたを不幸にするような子供時代のルールは、もう必要ありません。

 

そのための第一歩が『子どもの頃のルール』に気が付くことです。

親があなたに植え付けてしまった「嫌な言葉」「おかしなルール」に気が付き、それを手放すための準備を始めましょう。

 

大丈夫。今からでも捨てられます。

遅すぎるなんてこともありません。人生、ここから。今からです。

 

Sponsored Links

親だから許される?

 

  • 子どもが調子に乗らないように、「ブス」だと言い聞かせて育てた
  • 本当にデブだから、「デブ」と言っただけ
  • 世の中に出て恥をかかないように、「バカ」だと教えてやった

 

親子カウンセリングを行う中で、このようにおっしゃられる親御さんが少なからずいらっしゃいます。もしかすると、同じようなことを親から言われたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

このようなことを主張する親は、大きく2タイプに分けられます。

 

①悪意自覚タイプ

あなたが傷つくことを知っていて、『わざと』傷つける言葉を投げかけていたケースです。悪意でしかありません。

親が言った言葉は、事実ではありません。

あなたは、親に言われた「その言葉通りの人」ではないのです。

毒親のタイプでいうと『支配・コントロール型』の親に多く見られます。

>>【関連記事】毒親3つのタイプ診断

 

②無自覚タイプ

「あなたのためを思って」という名目で、傷つける言葉を投げかけているケースです。親側は、本気で「良い子育て」だと思ってやっていることが多く、誰かに非難されても動じません。

毒親のタイプでいうと『不幸アピール型』の親に多く見られます。

 

中には「悪意がありながら、無自覚を装う」親もいます。①と②の複合タイプです。

実はこのケースが一番厄介です。

イメージが付きにくいかもしれないので、いくつか例を挙げておきます。

 

テレビで可愛くもない子が「私可愛い!」と言っているのが痛々しい。大切な我が子には、そんな恥ずかしいことをしてほしくない。
だから子供の頃から、「アンタはブスだ」と教えて、調子に乗らないようにしてきた。

 

自分(親)が勉強できずに苦労したので、息子には自分と同じようになってほしくなかった。だから「バカだ!」と何度も言って、教えてやった。あいつのために心を鬼にして言ってやった。

 

 

まず最初に、私の想いをハッキリとお伝えします。

 

親子だからという
理由で許される
暴言はありません。

 

悪意があってもなくても、子どもの心に深い傷を残します。

そしてその傷は治ることなく、大人になってもその子を苦しめてしまうのです。

 

「親だから許される」なんていうのは、親側の勝手な理由です。

親だからと言って、許す必要はありません。
あなたの心が狭いとか、そういうことではありません。親を許せないからといって、自分を責めないでください。

 

「そんなの冗談なのに、真に受けちゃって」と言うのは、親側の言い訳です。

冗談でも、言っていい事と悪いことがあります。
本来なら無条件に子供を愛するはずの場所で、信頼できるはずの人から暴言を吐かれるのです。傷ついて当然です。

 

Sponsored Links

古いルールを手放す方法

Poche

 

  • 失敗した時、「ほれみたことか!」と声が聞こえる
  • うまくいかない時、「私はバカだから」と落ち込んでしまう
  • 好きな人が出来た時、「どうせあんたは捨てられる」と聞こえて不安になる
  • 誰かがこちらを見た時に、「ブスだ」「デブだ」と思っているように感じる

 

このように親から言われた一言が、ふとしたときに頭をよぎることはありませんか?

これこそが頭の中に残っている「古いルール」です。

 

まずはこの「古いルール」を見つけて、それが「今のあなた」に必要なのかを考えていきましょう。

必要のないルールは、どんどん捨てて、新しいルールを「今のあなた」が作ってしまえばいいのです。

 

1│古いルールを見つける

5~10歳ころまでの記憶で、今でも心に残っていることはありますか?

当時言われた言葉で、「嫌だったなぁ」と思い出せるものはありますか?

もしある場合は、紙に書き出してみましょう。

 

おそらく一度には、すべて思い出せないと思います。

 

ふとした時に思い出したり、失敗したときに出てくることの方が多いでしょう。その都度、思い出した言葉を書き出すようにしてください。

これが、古いルールを見つけるための一番の近道です。

 

注意あまりに辛すぎる記憶の場合、書き出そうとすると「脳が拒否して思い出せない」ことがあります。この場合は無理に思い出そうとしないでおきましょう。

おそらく、嫌な記憶は完全に消えていません。思い出すと辛すぎるから、心を守るためにしっかりと蓋をしている状態です。
ただしこの蓋は、一生開かないとは言い切れません。ふとしたひょうしにパカッと開くこともあります。

思い出した時がチャンスです。出てきた出来事や言葉を紙に書き出してください。

思い出した後に「忘れよう!」と無理にごまかしたり、考えないようにするのはおすすめしません。脳の性質上、逆に強く記憶されてしまうからです。そうなると、次は忘れることが難しくなってしまうからです。

 

2│古いルールの中身を確認する

古いルールが見つかったら、その中身を確認していきましょう。

ルールを確認するうえで、チェックしてほしいことは5つあります。

 

① 何歳の頃のルールか。

② 誰に言われた言葉か、何と言われたのか。

③ 当時どう思ったか。それに対して、どう行動したか。

④ あなたの大切な人が「②」のように言われていたら、あなたは何と声をかけるか。

⑤ そのルールは、今も必要か。

 

イメージが付きにくい方もいらっしゃると思うので、実際にどのように考えを整理していくのか、具体例をもとに見ていきましょう。

※実際の相談例ではございません。ご安心ください。

 

【例1│母親からブスと罵られたケース】

① 何歳頃のルールか
7歳くらいの頃のルール

② 誰に、何と言われたか
お母さんから、「ブスだからそんな服、似合わない」「ブスは何をしても意味がない」と言われた。

③ 当時の気持ち
悲しかった。こんなブスな顔じゃなくて、可愛くなりたいなと思った。特に言い返せなかった。

④あなたの大切な人が同じ目にあっていたら
「あなたはブスじゃないし、誰かにブスという人の方がどうかしている。何を着るのかは、自分で決めていい」と伝えたい。

⑤そのルール(考え方)は今も必要か
もう必要ない。ブスだという思い込みは、ない方がいい。

 

 

3│新しいルールを作り直す

古いルールを見つけ、そのルールがもう自分に必要ないと判断したら、代わりに新しいルールを作ってみましょう。

ルールを作る時のポイントは、『~べき』『~しなきゃ』に縛られないこと。

 

一番いいルールは、あなたがあなたらしくあることです。

「ブスだから」「デブだから」「バカだから」というネガティブな思い込みルールは捨てて、「私は私」と思えるようになるのが第一歩。

 

「ブスだから」という理由で好きな洋服が楽しめていなかった場合。
「この洋服が好きだと思えば買う」というルールを作ってしまう。誰がどう思うかじゃなく、着たいかどうかで1度洋服を買ってみる。

 

 

あなたの人生だから、
誰にも口出しさせなくて
いいのです。

 

きっとルールを作る時に、「でも…」という言葉が脳裏をよぎると思います。

その時の「でも」が、自分の本心から出たものなら構いません。

注意してほしいのは「でも、お母さんは昔こう言った」「でも親はどう思うかな」といった、自分以外の誰かについて考えてしまう場合です。

 

これも「古いルール」が影響しているサインですから、最初の「ルール見つけ」に戻って、さらに書き出すところから始めましょう。

古いルールは、あなたが思っている以上にたくさんあります…!

気が遠くなるような作業に思えるかもしれませんが、1つ1つ解決していけばどんどん減っていき、それに伴ってあなたはどんどん楽になっていきます。縛られるものがなくなっていきます。

 

Sponsored Links

本当に「あなたが」悪かったのですか?

Poche

 

親から言葉の暴力を受けながらも、「私のためを思って言ってくれている」と思い込んで生きている人をたくさん見てきました。

「私が悪いからこんなことを言わせてしまうのだ」と自分を責めて生きてきた人も、たくさん見てきました。

 

だからこそ
言わせてください。

 

あなたが悪かったせいではありません。

親だからと言って許されるものではありません。

 

どんな理由があろうとも、それらは言葉の暴力です。

 

それを許すも許さないも、あなたの自由です。

だけど私は、無理に許す必要はないと思っています。

 

親から言われた言葉が頭をよぎった時。

許す許さないということさえ悩まず、「もう、どうでもいいや」「もう、関係ないや」と感じるようになる。

そうなった時が、古いルールを捨てられた時なのだと思います。

 

今はまだ、親の言葉に苦しめられているかもしれません。

でも大丈夫です。

 

古いルールに気が付き、それと向き合うことさえできれば、不要なルールはだんだん薄くなっていきます。

ひとりで難しいということであれば、いつでも相談してください。

Poche

Sponsored Links

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

家族関係

Posted by poche