【子どもが苦しむ親】いつでも「私の都合が一番」の親~毒親

こんにちは。心理カウンセラーPocheです。

今日はいつでも「私の都合が一番」の親について、お伝えしていきます。

 

このタイプの親は、自分を満足させるために子どもを使います。

子どものために親がいるのではなく、親のために子どもがいると思い込んでいます。

それが当然だと思っているので、子どものことを考えません。

 

子どもがどのような気持ちで自分に従っているか、知ろうともしません。

子どもが何を考え、何を感じ、何をしたいのか、知る必要を全く感じていません。

 

なぜあんなことが
平気で言えるのか?

 

大人になってから、親に疑問を抱く子どもがいます。

子どもに酷いことを言っておいて、とことん頼っておいて、感謝せず責めるような言葉を投げかける親が理解できないのです。

 

その答えは、明確です。

親は自分が悪いだなんて、微塵も思っていません。

 

悪いと思っていないので、やり続けます。

悪いと思っていないので、あなたに謝りません。

 

「親を優先するのは当然」と思っているので、従っても感謝もしません。

「親を優先するのは当然」と思っているので、従わないと怒ります。

 

あなたが悪いから怒られたのではありません。

親の都合で、あなたが怒られただけです。

 

子どもの頃の親との関係により『自信を削がれたあなた』が、『再び自信を育てる』きっかけを見つけ出せますように。

そう願い、今回の記事を書いていきます。

 

※この記事の目的は、あなたの親を悪く言うことではありません。あなたの親が『あなたにどのような影響を与えたのか』を知ってもらうことです※

Sponsored Links

いつでも「私の都合が一番」の親とは

 

このタイプの親には5つの特長があります。

見た目では自分勝手で「言うことを聞け」と要求しますが、心の中は「いつも不安」です。

いつも不安な心の中を隠すために強がったり、他人を批判して、自分の弱さを隠そうとすることもあります。

 

1.従順さを求める

このタイプの親は、親に忠実で言うことを従順に聞くように、子どもに要求します。

…いえ、正確には要求というレベルを超えています。

 

従わないと怒ります。

従うまで、あの手この手で子どもを責め立てます。

 

怒鳴り散らしたり暴力をちらつかせたりして、恐怖から従わせることもあれば、罪悪感に訴えて従わせることもあります。

周囲を巻き込んで、「従うしかない」ように仕向けることもあります。

従わせるためなら、何だってするのです。

 

 

2.何かを失うことを極度に恐れる

このタイプの親は、何かを失うことを極度に恐れることがあります。

地位、名誉、名声、お金、子ども…自分を形作っているものが失われることに、極度の不安を抱きます。

何としてもそれを守ろうとします。

 

子どもに「自立しろ」と言いながら、家を離れると「私を見捨てるのか」「私を一人にしないで」と言うこともあります。

仲のいい家族、素敵な夫婦を演じている親の場合は、なんとしてもそれを守ろうとします。子どもにも、その役割の一部を強要します。

 

子どもが親をどう思っていて、どんなに我慢していて、その笑顔の裏にどれほどの葛藤を抱えているかどうかなど、知る由もありません。

子どもの心を知るつもりもなければ、知ったところで「何とも思わない」のがこのタイプの親なのです。

 

 

3.子どもと競争しようとする

このタイプの親は、人との関係を常に「勝ち負け」で考える傾向があります。

彼らは常に誰かを負かしていなければ、安心できません。

厄介なのはその相手が「大人」だけでなく、自分の子どもでも変わらないという点です。

 

親でありながら、子どもに嫉妬します。

子どもの幸せが喜べません。

子どもの成功が喜べません。

 

子どもが何か自慢した時、「すごいね!」「良かったね!」と子どもの喜びを受け止めるのが親です。

でもこのタイプの親は、「へー」と興味がないそぶりを見せたり、「それくらいで有頂天になるな!」と子どもの喜びをしらけさせます。

 

 

4.平気で他人を利用する

このタイプの親は、「自分のやりたいこと」を叶えるためなら平気で人を利用します。

子ども、他人、家族…相手がだれであろうとかまいません。

(ただし、自分を攻撃しない相手を選びます)

 

子どもが結婚すれば、配偶者も「自分のもの」のように扱います。

彼らにとって「人」は、自分の願いを叶えるための道具でしかないのです。

 

だから願いを叶えてもらっても「当たり前」だと思いますし、叶えてもらえないと「恩知らず!」「冷たい!」と責めます。

表面上「ありがとう」を言う親もいますが、心から感謝しているわけではありません。

 

 

5.人を批判するが、批判に弱い

このタイプの親は、よく人を批判します。

テレビを見ていても、「コイツ嫌い」「こういうタイプ嫌」というように誰かれかまわず批判します。

誰かを批判することで、自分が優れているように感じるからです。

 

「誰かをこき下ろして」自分が上に立とうとします。

自分が努力して成長する、という考えを持っていないのです。

 

でも心の中では自信がないので、人から批判されることが苦手です。

誰かに意見されたり、避けられたりすると、過剰に腹を立てます。

子どもが言うことを聞かないことを怒るのも、「言うことを聞くのが当たり前=言うことを聞かないのは私を馬鹿にしているからだ」と受け取るからです。

Sponsored Links

このタイプの親に育てられると…

Poche

 

このような親に育てられると、大人になった時に次のような悩みを抱えやすくなります。

 

  • 人に利用されやすい
  • 自分の都合より、他人の都合を優先してしまう
  • 自分に自信が持てない
  • 自分を大切にする、ということが理解できない
  • 恋人や友達に、ささいなことで「捨てられるのでは」と不安になる
  • 恋人や友達が離れていくのが怖くて、本音を言えない

 

 

私の親は「いい親」…?

Poche

 

子どもにとっては理解しがたい出来事なのですが、このタイプの親は『家の外では良い人』と思われていることがよくあります。

他の人から「優しいお母さんだね」「いいお父さんだよね」「友達みたいに仲が良くていいなー」と言われたり、職場では「気が利く人」「仕事ができる人」「頭のいい人」と評価されることも珍しくありません。

 

このように『外で良い人』の場合、あなたの抱えている問題の大きさや耐えてきた辛さが、なかなか理解されません。

「あんなに良い親なのに…」とあなたが批判されたり、「感謝した方が良いよ?」と見当ちがいなアドバイスをされることもあるでしょう。

 

家ではあなたを傷つけ、コントロールするためなら何でもするというのに、『それが理解されない』のです。

だから子どもは、心を病みます。

 

  • 「自分がおかしいのでは…」
  • 「自分の頑張りが足りないのでは…」
  • 「自分が変われば…」
  • 「どうせ私は誰にも理解されない…」

 

このように感じているのであれば、一度カウンセリングでご相談ください。

私はあなたを批判することは、決してありません。

 

あなたが自信を持てないのは、「本当にあなたのせい」でしょうか?

過去に言われた言葉や、過去の親の態度によって、そう思わされているのではありませんか?

 

もしそうなら「いらない思い込み」を少しずつ、手放していきましょう。

Poche

 

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼