【子どもが苦しむ親】親は常に正しい!?カルト教団の教祖のような親~毒親

こんにちは。心理カウンセラーPocheです。

今日はカルト教団の教祖のような親について、お伝えしていきます。

 

カルト教団の教祖は、「私は常に正しくて、すべてが分かっている」という態度でふるまいます。

信者にはそれを信じるよう要求し、絶対的な権力を持っています。

カルトのような親が子どもに求めることは、カルト教団の教祖の『ソレ』と似ているのが特徴です。

※ここでいう「カルト」は宗教を装った邪教のことで、宗教とは似て非なるものです。正しい宗教が人間の救済を目的としているのに対して、カルトは救済を口にしながら人の人生を破壊します※

 

この記事の目的は、あなたの親を悪く言うことではありません。

あなたの親が『あなたにどのような影響を与えたのか』を知ってもらうことです。

 

親に感謝することと、あなたに与えた影響を知ることは『別問題』。

あなたの親が「あなたにどのような影響を与えたのか」を知ることが、今抱えている問題を解決する大きなヒントになるかもしれません。

 

 

『カルト教団の教祖のような親』とは

 

このタイプの親には、5つの特長が見られます。

他のタイプと違い、当てはまる特長が1つだけのこともあります。

でもたった1つであっても、その1つが「ものすごくあてはまる」のであれば、あなたの親はこのタイプの可能性があると言えるでしょう。

 

1.家族全体をコントロールする

このタイプの親は、実際の実力以上に「自分は凄い人間だ」ということを子どもにアピールします。

それだけではなく、それを子どもに認めさせ、自分を特別扱いするように求めます。

特別扱いというのは、常に親を第一に考えろということです。

 

子どもの感情や都合は一切考えず、親が求める時には従い、親の言うとおりに動くことだけを求めます。

子どもはこれまでの経験から、「従わないと大変なことになる」と学んでいるので、言われるままに従います。

このようなタイプの親を持つ子どもにとっては、「やりたくないことをやる」方が、親を怒らせるよりもはるかに安全で楽なのです。

 

 

2.いつも「白か黒か」で判断する

カルトのような親の中には、まるで軍隊のようなスタイルを持ち込む人もいます。

何事も「白か黒か」で判断し、「正しいか間違っているか」で裁きます。

彼らは、人間社会にある「グレーゾーン(曖昧なもの、中間的な考え)」を理解できないのです。

 

 

3.異議・質問・新しい考えを容認しない

カルトのような親は、自分が絶対です。

だから子どもが自分の考えに異議を唱えたり、質問したり、新たな考えを持つことが許せません。理解できません。

 

このタイプの親にとって、子どもが質問することは「親への攻撃」です。黙って従うことしか、望んでいません。

子どもが自分の考えを持つことは、「親の権威への反抗」です。子どもが自分と別の人間だということが、彼らには理解できません。

このような家で生まれる子どもは、「子どもらしく生きる機会」を奪われます。

 

 

4.何かに所属しようとする

特定の組織、宗教団体、企業(会社)などにのめりこみ、人生を捧げているような親もいます。

一番多いのは「親が何らかの宗教に没頭している」というケースです。多くの場合、家族や子どもにも強要します。

 

 

5.部外者を信用しない

このタイプの親は、基本的に人を信用しません。

不信感が強く、「人を信用しない方が良い」ということを子どもにも植え付けます。

「その子に利用されてるんじゃないの?」「その恋人、信じて大丈夫?」などと、子どもが大切にしている人を疑うような発言を平気でします。

 

その一方で心を許した相手には、驚くほど従う一面も持ち合わせています。自分で考えることをせず、「○○さんがこう言ったから」という理由で従います。

このように人との付き合い方が、極端なのも特徴の1つです。

Sponsored Links

このタイプの親に育てられると…

Poche

 

このような親に育てられると、大人になった時に次のような悩みを抱えやすくなります。

 

  • 自分の意思で率先して行動できない
  • 何事においても「疑う」クセが抜けない
  • 誰も信じない、もしくは逆にすぐ信じすぎてしまう(極端)
  • 知的発達が歪められることがある
  • 宗教観が歪むことがある
  • 家族以外の人間を信用できない、信用してはいけないと感じる
  • 親の言うことに逆らうのが、異常なほどに怖い

 

 

このタイプの親との距離感

Poche

 

「法律を破るよりも、親の言うことを破る方が怖い」という人もいます。

「死ぬよりも、親に逆らう方が怖い」という人もいます。

このタイプの親に育てられると、子どもの人生は壊れます。

 

それほどまでに
親が絶対だからです。

 

このような親に育てられていない人には、到底理解できない感覚だと思います。

周りに相談した時に、「大人になってまでそんなこと言ってるの?」と一蹴されることもあるでしょう。

(カウンセラー・医師にも理解のない人はいます)

 

このようなタイプの親は適度な距離を保つことが難しく、最終的には「離れるしかない」ことが多いです。

 

同居している場合は、1人暮らしを勧めることもあります。

でもほとんどの場合が、親から「一人暮らしの許可」が出ません。

ごく普通の親に育てられた人なら、「もう成人しているのなら親の許可なく一人暮らしすればいいのでは?」と思うかもしれません。

あなたがそう思えるのなら、大丈夫です。

 

でも現実には、『そう思えない人』が大半です。

それほどまでに、このタイプの親の影響は強力なのです。

 

離れた方が良いと分かっている。

でも、怖い。

このような状態で、強行突破で家から抜け出しても、多くの方が自ら家に戻ってしまうのが現状です。

 

だからこそカウンセリングを通して、親によって植え付けられた「恐怖」を探します。

そして、その恐怖を薄くする方法を試していきます。

そうすることで「離れても怖いことが起こらない」と、少しずつ自分自身に納得させることができます。

 

これは、本当の意味で「親から離れる」ために必要なことです。

なおこのタイプの親の扱いはとても複雑なので、カウンセリング申し込み時は「カルトの親の記事を見た」と一言お伝えいただければと思います。

Poche

 

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼