【子どもが苦しむ親】かまいすぎて子どもを窒息させる親~毒親

こんにちは。心理カウンセラーPocheです。

今日はかまいすぎて子どもを窒息させる親について、お伝えしていきます。

 

このタイプの親は、他人から見た時に「子ども想い」なのが特長です。

子どものためにアレコレ手を貸してくれたり、尽くしてくれたり、「一般的な良い親」に見えるケースも少なくありません。

 

だから、
子どもは
悩みます。

 

  • 「良くしてもらったのに、親を嫌いだと思うなんて…」
  • 「ここまで育ててもらったのに、親と距離をおきたいと思うなんて…」
  • 「助けてくれたことがあるのに、親に不満をもつなんて…」

 

明らかな「悪い親」ではないからこそ、子どもは自分を責めてしまうのです。

 

この記事の目的は、あなたの親を悪く言うことではありません。

あなたの親が『あなたにどのような影響を与えたのか』を知ってもらうことです。

 

親に感謝することと、あなたに与えた影響を知ることは『別問題』。

あなたの親が「あなたにどのような影響を与えたのか」を知ることが、今抱えている問題を解決する大きなヒントになるかもしれません。

Sponsored Links

『かまいすぎて子どもを窒息させる親』とは

 

「かまいすぎて子どもを窒息させる親」は、過保護や過干渉とよばれる人たちです。

いくら親が「子どものため」と思っていたとしても、子どもの側がストレスを感じるようであれば、それは子どものためではありません。

子どもが求めていないものを与え続けるのは、「自分(親)のため」です。

このタイプの親には、5つの特徴があります。

 

1.詮索する

勝手に引き出しを開けたり、日記を読んだり、郵便物を開けたり…。

子どもが耐えがたいほどあれこれ詮索するのが、このタイプの親の特長です。

 

厄介なのは「私にはその権利がある」と、思っていること。

子どもが怒って「嫌だ」「やめて」と伝えても、意に介しません。親にはその権利がある、と思っているからです。

※そんな権利はありません

 

 

2.拒否されることが苦手

このタイプの親は、他人から拒否されることを極端に恐れています。

だから自分の意見が通らなかったり、自分の言うとおりにならない時に不機嫌になります。

 

子どもは自分の思い通りになって「当然」だと思っているので、思い通りにならないと怒ります。

子どもがどのような気持ちで親の言うことを聞いているのか、考えもしません。

 

 

3.望みを区別できない

自分の望みと、子どもの望みを区別できません。

自分がしたいことは、「子どももしたいはず」と本気で思い込んでいます。

 

だから子どもが「しなくていい」と言っても、勝手にやってしまいます。

勝手にやったことを申し訳なく思うどころか、「やってあげたのに何で感謝しないの?」と言うのがこのタイプの親です。

 

 

4.違いを認められない

子どもが、自分と違う意見を持つことを認められません。

 

子どもが「こう思う」と気持ちを伝えたとき。

自分と同じ意見であれば、賛成します。

でも自分と違う意見の時には「お母さんはそう思わない」と反対したり、「だからアンタは甘いのよ」「お母さんの言うとおりにしておけば間違いない」と自分の意見を押し付けます。

 

子どもが「これが好き」と気持ちを伝えたとき。

自分と同じ意見であれば、認めます。

でも自分と違う意見の時には「そんなのセンスがない。こっちの方が良い」と自分の意見を押し付けます。従わせようとします。

 

 

5.大事なことを勝手に決める

進路、就職、友達関係、恋人、結婚、子どものこと…

子どもが自分で決めたいと思うような、重大なことを勝手に決めようとします。

「あんたの決定はダメ」「私の決定が正しい」ということを態度や言葉で子どもに示し、子どもに強いプレッシャーを与えます。

Sponsored Links

このタイプの親に育てられると…

 

このような親に育てられると、大人になった時に次のような悩みを抱えやすくなります。

 

  • 他人との間に、健全な境界線を引くことが出来なくなる
  • 異性と、愛情のこもった親密な関係を築きにくくなる
  • 強い依存心を持つ
  • 容姿に自信がない
  • 率先して何かを行う積極性が持てない

 

※このタイプの親は「過干渉」だけではなく、「支配」「完璧主義」「自己愛性」など複数のタイプを併せ持つこともあります

【関連記事】
>>愛情を支配する道具として使う親

>>絶対謝らない!自己愛性の強い親

 

それは「愛情」ではなく「依存」

かまいすぎて子どもを窒息させる親は、一見すると「子ども想いの優しい親」に見えます。

でもこのタイプの親が言う「子どもへの愛情」は、親が与える本来の愛情とは異なります。

 

一言でいうなら「子どもへの依存」です。

 

このタイプの親は、子どもが大人になっても、世話を焼きたがります。

愛情ではなく「依存」なので、常に子供の世話を焼いていないと落ち着かないのです。

 

親は、子どものために存在します。

でもこのタイプの親の場合は、「親のために子どもが存在」します。親が子どもを手放しません。

 

自分で決められない

Poche

 

このタイプの親に育てられた子どもの特長で最も顕著なのは、自分で何かを決めるのに自信を持てないことです。

自分の意見をはっきり言うのが苦手です。

さらに周りから評価されても、それを受け入れられません。

「どうせみんな自分のことなんて…」と、自分自身に低い評価を下します。自己肯定感が極端に低いのです。

 

「変わりたい」

そう思っているのに、なぜか変われないと悩む人も多いです。

自分が甘えているのではないか、やる気がないのではないかと、自分自身を責めてしまう人もいます。

 

違いますよ。

気持ちの問題ではありません。

 

ブレーキをかけているのは過去の記憶です。脳です。

これまでの親子関係において、「自分の好きにやったらダメだ」「自分の思い通りにやってもうまくいかない」と思い込まされている何かがあるのです。

 

このような親で思い当たることがあれば、カウンセリングで一度ご相談ください。

「どのような思い込みがつくられたのか」を知ることは、あなたが前に進むための大きなきっかけになるはずです。

Poche

 

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼