贈る?贈らない?『母の日』が憂鬱な毒親育ちのアナタに伝えたいこと

こんにちは。

心理カウンセラーPocheです。

 

テレビのCMや、ネット広告で『母の日』の文字を目にすることが増えましたね。

そのたびにモヤモヤ~っとしたり、心がギュッと苦しくなったり、ムカムカと怒りがこみあげてきたり…自分の感情に戸惑ってしまうこともあるかもしれません。

 

今日は『母の日を贈ろうか悩んでいるアナタ』に向けて、記事を書いていきます。

 

母の日に贈り物をしてる自分も、しない自分も好きじゃない。

そのように感じてしまうあなたが、『母の日』と向き合うきっかけになりますように。そう願って書き進めていきます。

 

Sponsored Links

母の日=贈り物をする日?

 

「お母さんに感謝を伝えよう」

このような広告を見ていると、まるで「感謝できない自分がダメな人」みたいに感じてしまうことはありませんか?

これはあなたの心の中の『親に感謝しなきゃダメだ!』という、強い思いこみのせいかもしれません。

 

でも『そう思えない理由』が、あなたにはあるのではないでしょうか?

それでいいのですよ。

 

まずはどうして「贈りたくない」と思うのか、その理由を考えていきましょう。

今回は「贈りたくない理由」を3つのパターンに分けました。

 

 

ケース1│本当は『贈りたくない』

Poche

 

  • 親のことが嫌い
  • どうして自分だけ贈らなければいけないのか
  • 「心から感謝」できない

 

母親との関係がよくない人もいるでしょう。

自分の誕生日にプレゼントをくれるわけではないのに、なぜ母の日だけ…とモヤモヤするかもしれません。

テレビのCMで「心からの感謝を」と言われると、「本当は贈りたくない」と思っている自分が嫌になるかもしれません。

「普段言えないありがとうを」なんて言われると、『いろいろしてもらったのに親を嫌っている自分』を責めてしまうこともあるでしょう。

 

…それでいいです。

『母の日=贈るのが当然』という世の中の雰囲気があまりに強すぎて、「贈りたくない」と思う自分に罪悪感を抱いていませんか?

 

  • みんなは贈っているのに…。
  • みんなはお母さんに心から感謝できるのに…。
  • どうして私は…。

そう自分を責めてしまう人もいると思います。

 

でも、
責めなくていいのです。

だってあなたには、「贈りたくない理由」があるのですから。

 

本当は贈りたくないのに贈る、も良いと思います。

本当は贈りたくないから贈らない、も良いと思います。

 

だけど、『贈りたくない自分』を許してあげてください。

そう思う自分を責めないでいいのですよ。

Sponsored Links

ケース2│贈っても『文句』を言われる

Poche

 

  • 「こんなもの」と文句を言われる
  • 「センスがない」とダメ出しされる
  • 金額のことをネチネチ言われる
  • ○○さんちの娘さんは~と、比較して嫌味を言われる

 

母の日に、良い思い出がない人もいます。

一生懸命考えてプレゼントしても、何かにつけチクチク言われてつらかったからです。

 

あなたが悪いのか?

いいえ、違います。

 

あなたがどれだけ一生懸命選んでも、お母さんは『ダメ出し』したでしょう。

お母さんが本当に欲しいものをプレゼントしたとしても、『文句を言った』でしょう。

…過去の母の日のプレゼントを思い返しても、そのような気がしませんか?

 

これは、「あなたの選ぶものじゃ私を喜ばせられないのよ」という一種のマウント。

支配コントロールタイプの親によく見られます。

あなたが悲しそうな顔をしたのを見て喜んでいるようなら、『残酷な母』の要素もあるかもしれません。

【関連記事】
>>支配コントロールタイプの母親とは

>>残酷な母親とは

お母さんは、ただあなたに文句を言いたかっただけです。

だから、あなたが自分を責める必要は全くありません。

 

問題は、このタイプの親に『母の日』を贈るかどうか。

正直なところ私は、どちらでも良いと考えています。

 

贈るメリットとデメリット、贈らないメリットとデメリット。

その両方を比較して『あなたに負担が少ない方』を選ぶのが良いと思います。

贈っても、贈らなくても、文句を言う親だからです。

 

 

ケース3│贈っても『喜ばない』

Poche

 

  • 「ああ、ありがとう」と一応言うだけ。
  • 「ありがとう」の形式上の一言さえ、ない。
  • 「あーうん、そこ置いといて」と興味を示さない。

 

「これなら喜んでくれるかな?」「これなら好きかな」と一生懸命選んで、何日も前から母の日の準備をする人もいるでしょう。

だけど、何を贈っても喜ばない親がいます。

『母の日に物を貰って当然』だと思っているので、何とも思わないのです。

 

「ありがとう」という一言さえ、ないこともあります。

「ありがとう」と言ってくれるものの、あきらかに「一応言っただけ」で喜んでいないと分かることもあります。

 

では贈らなくていいのか?

恐らく、そうではありません。

贈らないとチクチク嫌味を言ってきたり、「○○さんちは…」と他の家と比較したり、「育て方を間違えた」とあなたを批判したり、「私はかわいそうな親だ」と泣き脅しにかかることもあります。

 

ではなぜ、喜ばないのか。

あなたの贈り物が、よくなかったから?

お母さんの欲しいものではなかったから?

…どちらも違います。

 

「喜ばない」のは、お母さん自身の問題なのです。

「母の日にプレゼントをもらって喜ぶ」という概念が、このタイプの母親にはありません。

 

水道の蛇口から水が出ても感謝しないのと同じで、親にとっては「母の日に贈り物をすること」は当たり前のことなのです。

 

贈っても喜ばないけれど、「ネチネチ言われないために贈る」のも良いと思います。

贈っても喜ばれないのなら、「贈らない」と決めてしまうのも良いと思います。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、お母さんの性格を想像しながら考えてみてもいいかもしれません。

 

大切なのは、『どちらが自分にとってストレスが小さいか』です。

「親が悲しむかな」「親不孝かな」といった考えはいったん捨てて、それだけを考えてみて下さいね。

いつも親のことを優先してきたあなたが、「自分のこと」を大切にしてあげる第一歩です。

Sponsored Links

母の日、どうするか悩んだら…

 

母の日は、義務ではありません。

贈りたいと思ったら贈ればいいし、贈りたくないなら贈らなくていいのです。

あなたの自由です。

と納得できればいいですが…

毒の要素を持つ親(=毒親)に育てられると、そうは思えません。

 

きっとあなたも母の日に「贈るかどうか」悩むのではなく、「何を贈ろうか」で悩んできたのではないでしょうか。

毒親育ちの子どもにとって、母の日は「贈らない」という選択肢がない場合は多いです。

贈らなかったら…と考えるだけで、気持ちが滅入ってしまうことでしょう。

 

贈ることで、あなたがスッキリするのならそれでいいと思います。

でもモヤモヤしたものが残ってしまうのなら、「贈る」「贈らない」について考えてみてもいいかもしれません。

 

『贈らない』という選択は、あなたを「母の日」から解放してくれます。

『贈る』という選択にしても、メリット・デメリットを理解したうえで納得して「贈る」なら、今までよりもストレスは小さくなるはずです。贈りたいわけじゃないけれど「贈った方がストレスがなさそう」と思うなら、贈る方が良いこともあります。

 

Poche

 

▼何度も、何度も読み返したくなる…▼
「無理しなくていい」「自分を優先していい」。そう思えるようになる本。

『今日は、無理しない日』

 

▼「本当にうまくいった」の声、続々!▼
何をやってもうまくいかない……そんなあなたに贈る本。

『がんばるのをやめたら うまくいった』

 

▼親との関係に悩んでいる人へ▼
「なぜか生きづらい」「なんかしんどい」の思いもよらない原因が、きっと見つかる。

『あなたはもう、自分のために生きていい』

▼ twitter ▼

▼ Instagram ▼

家族関係

Posted by poche